セール

『維新と興亜』第7号(令和3年6月)

(1 件のレビュー)

¥660 ¥600

道義国家日本を再建する言論誌
『維新と興亜』第7号(令和3年6月)

カテゴリー:

説明


【特集】グローバリストに支配される日本の食と農 属国農業から脱却せよ!
 グローバリストに操られるわが国の農政(三橋貴明)
 植民地農業を推進する菅政権(室伏謙一)
 農本主義と現代の農業問題 グローバルアグリビジネスを打ち破れ(小野耕資)
 日本精神の体現としての農(三浦夏南)
【日本浪曼派座談会】日本回帰・第五の波に備えて 中(ロマノ・ヴルピッタ、金子宗德、山本直人、荒岩宏奨)
【対談】アジア主義の封印を解く! 下(クリストファー・スピルマン、小山俊樹)

【巻頭言】 宮城県の水道民営化を阻止せよ(坪内隆彦)
●時 論 浦安から「食の安全」を通して我が国の食糧安保に貢献する(折本龍則)
●時 論 二度の東京五輪が示す開発の害悪(小野耕資)

【新連載】「維新」としての世界最終戦 現代に甦る石原莞爾(一)第二次世界大戦≠世界最終戦(金子宗德)
【新連載】尊皇愛国の経営 第1回(川瀬善業)

「海外神社」の思想 小笠原省三のアジア主義 下(菅浩二)
藤田東湖と西郷南洲 ④ 水戸学の思想的エネルギー(山崎行太郎)
情報機関なくして自立なし 日本の情報体制強化策 ② アメリカに魂を売った外務省(福山隆)
國體護持のための真正護憲論(新無効論)②(南出喜久治)
皇統守護の任への自覚 高宮垂加神社を訪れて(折本龍則)
新左翼と歌心 重信房子『ジャスミンを銃口に』を読む(海野 学)
村上一郎と三島由紀夫事件 ③ 文武湊合への道(山本直人)
田中角榮とロッキード事件 ①(田口 仁)
近藤啓吾『紹宇存稿』他(折本龍則)
【書評】杉本延博著『国家社会主義とは何か』(評者:小野耕資)
活動報告
編集後記

『維新と興亜』第7号(令和3年6月) に対するレビュー1件

  1. 岡田仁

    これまで政府の「農業競争力強化」策を支持してきましたが、特集「グローバリストに支配される日本の食と農」を読んで考えが変わりました。国民の胃袋を満たすことが農業政策の基本だという考え方に賛成します。

レビューを追加

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です