セール

『維新と興亜』第16号(令和4年12月28日)

¥650

『維新と興亜』第16号(令和4年12月28日)

カテゴリー:

説明


目次
【特集】瑞穂の国の破壊者たち 食料安全保障推進法制定を急げ!
誰が日本の農業を破壊したのか(鈴木宣弘)
日本人が食べている危険な食品(安田節子)
食と農の自立が在所共同体を救う(荒谷 卓)
農本主義者・橘孝三郎の「土とま心」に学べ(塙眞・篠原裕・金子弘道)
暮らしに根ざした国体開顕運動としての新嘗祭奉祝(小田内陽太)

【巻頭言】中国脅威論の背後にある黄禍論(坪内隆彦)
【時論】日中戦争を繰り返さぬために今こそアジア主義に学べ(折本龍則)
【時論】クリスマスの馬鹿騒ぎとリベラリズムの醜悪(小野耕資)

露宇戦争停戦を主導せよ(稲村公望)
八紘為宇実践の系譜(西村眞悟)
誠の人 前原一誠 ②高杉晋作とともに国事に奔走(小野耕資)
世界を牛耳る国際金融資本③中川昭一を失脚させた国際金融資本(木原功仁哉)
萬葉集の精神と国史 柿本人麻呂と大伴家持(倉橋 昇)
「維新」としての世界最終戦  現代に甦る石原莞爾 ⑥都市批判(金子宗德)
台湾を全面支援します。その③(川瀬善業)
高風無窮⑥その心、ひとたび発せ(森田忠明)
愛郷心序説【完】戦後体制からの脱却(杉本延博)
いにしへのうたびと⑧額田王のうたごころ(玉川可奈)
在宅医療から見えてくるもの 「いま、ここ」を生きる(福山耕治)
藤本隆之さんを偲ぶ会 遺文集を贈呈(本紙編集部)
昭和維新顕彰財団 大夢舘日誌(令和4年4月~12月)
【書評】副島隆彦・佐藤優『欧米の謀略を打ち破り よみがえるロシア帝国』/井上芳保『鬼滅の社会学』/窪田新之助・山口亮子『誰が農業を殺すのか』
活動報告
読者の声
編集後記

レビュー

レビューはまだありません。

“『維新と興亜』第16号(令和4年12月28日)” の口コミを投稿します