『維新と興亜』


注目記事が読めます!

『維新と興亜』第12号(令和4年4月28日発売)

『維新と興亜』第12号
ご注文・問い合わせは、

☎047-352-1007、mail@ishintokoua.com

まで。

本サイトでは、紙版(定価715円)が650円で購入できます(ペイパル)。
なお、富士山マガジンサービスBASE (ベイス) でも購入できます。

『維新と興亜』定期購読(5000円、送料込み)・会員
 

《目 次》
【特集】日本よ国家たれ 主権回復70年 沖縄復帰50年
 「守るべき日本」を浸食してきたアメリカと市場(荒谷 卓)
 「唯一の被爆国」こそ核武装せよ! 「自主防衛」構築への「国家意志」明徴(堀 茂)
 主体的外交を支える非同盟路線(本誌編集部)
 本土が沖縄に基地を押し付けている!(中村之菊)
【特集】農業は国防だ! 政商たちが歪める農政
 日本でも餓死者が出る(鈴木宣弘)
 遺伝子組み換え食品がもたらす日本人の絶滅(小野耕資)
【対談】「親日の台湾」という幻想を捨てよ─TSMCの正体(深田萌絵×稲村公望)
【巻頭言】国家の根幹を揺るがす国有林の民間開放(坪内隆彦)
●時論 水道民営化論者は天皇陛下のおことばに耳を澄ませ(折本龍則)
●時論 新自由主義者の次の目標はスーパーシティだ(小野耕資)
大川周明は不敬なのか(林 雄毅)
「畏怖」や「愛情」がない片山杜秀氏の右派思想論 藤田東湖と西郷南洲⑥(山崎行太郎)
世界政治思想史上の奇跡「百姓の富めるを喜び給ふの詔」(西村眞悟)
「大日本帝国憲法復元改正」は五十年以上、取り組んでいる重要な運動です。(川瀬善業)
現代に甦る石原莞爾 ③ ウクライナ事変と世界最終戦論(金子宗德)
高風無窮 ② その道を好む(森田忠明)
愛郷心序説 ⑧ 民のかまどの経済学を実践せよ(杉本延博)
私にとっての憂国忌五十年 ②(玉川博己)
いにしへのうたびと ④ 大伴家持の美意識と苦悩 上(玉川可奈子)
真正護憲論(新無効論)完(南出喜久治)
「効率万能」「個人主義」を超える日本古来の美意識(福山耕治)
崎門学に学ぶ 『白鹿洞書院掲示』浅見絅斎講義 ①(三浦夏南)
【書評】河原仁志 『沖縄をめぐる言葉たち』
活動報告
読者の声
編集後記
『維新と興亜』第12号

 

会沢正志斎著・高須芳次郎訳・『維新と興亜』編『日本再建は水戸学国体論から!─新論 国体篇』

会沢正志斎著・高須芳次郎訳・『維新と興亜』編『日本再建は水戸学国体論から!─新論 国体篇』

目 次
序文 いま求められている新『新論』(福島伸享)
解題 水戸学の正統を継ぐ会沢正志斎と『新論』
会沢正志斎『新論 国体篇』現代語訳
緒論
国体 上
国体 中
国体 下
論稿
わが国独自の民主主義思想としての水戸学─蒼生安寧と尊皇斥覇の不可分性(坪内隆彦)
蒲生君平『不恤緯』にみる、『新論』との関係性(小野寺崇良)
会沢正志斎の「孤立無援の思想」について(山崎行太郎)
桜田門外の変・天狗党の乱に散った水戸藩士たち(益子奉忠)
会沢正志斎に学び、水戸学の限界を超えた吉田松陰と真木和泉守(折本龍則)
会沢正志斎『新論』と昭和維新論─水戸学者たちの戦争(山本直人)
新論の経世済民論─構造改革論は尊皇愛国思想に非ず(小野耕資)
会沢正志斎年譜

定価:本体1,500円+税

 

小野耕資『岸田総理に伝えたい 新自由主義の転換はふるさとの復活から』

小野耕資『岸田総理に伝えたい 新自由主義の転換はふるさとの復活から』

目 次
はじめに 国づくりのグランドデザインを描け
一 地方って言うな―地方創生の欺瞞
二 観光立国とインバウンド依存経済の限界
補論一 二度の東京五輪が示す開発の害悪
三 「官治国家」と市場原理主義の悪弊
四 ふるさとを破壊し続けた戦後史
五 規制緩和による町の空洞化を防げ
六 低すぎる最低賃金を見直し東京一極集中を改善せよ
七 低エネルギー生活への転換で近代文明を転換せよ
八 国が責任を果たす積極的な財政支出を
九 グローバリズム・新自由主義から国民共同体を防衛せよ
十 グローバリズムの時代からローカリズムの時代へ
補論二 人々のふるさとに思いを致した言論人 陸羯南
あとがき

定価:本体1,300円+税

 

土生良樹『日本人よ ありがとう 新装版』

土生良樹『日本人よ ありがとう 新装版』

目 次
〈詩〉ラジャー・ダト・ノンチック
新装版刊行に当たって
推薦のことば 川瀬善業
著者まえがき
第一章 神兵、東方より来る
第二章 マラヤ独立のために
第三章 南方特別留学生として日本へ
第四章 宮崎高等農林学校(現宮崎大学)で
第五章 陸軍士官学校へ
第六章 日本の敗戦、逮捕と脱出行
第七章 スマトラ独立戦場へ
第八章 内戦下の中国での体験
第九章 共産ゲリラ掃討作戦
第十章 祖国のために政治家へ
第十一章 マレーシアの危機
第十二章 アセアンの結成へ
第十三章 現在の活動
あとがき
参考文献
推薦のことば(旧版)
『日本人よありがとう』出版記念会報告
本書からいま日本人は何を学ぶべきか 小野耕資

「本書は、日本軍のマレー半島進撃とシンガポール占領に、感激興奮したマラヤの一少年、南方特別留学生第一期生であったラジャー・ダト・ノンチック氏の人生記録であり、共に闘って、マレーシアの独立とアセアンの結成を成功させた男たちのヒューマン・ドキュメントであります」(土生良樹)
「この頃の日本の若い人たちはどうかしてしまったのでしょうね。自分たちの父や祖父たちが、命をかけ、血と汗を流して、ともに興したアジアのことを少しも知ろうとしませんね。私たちアジアの多くの国は、日本があの大東亜戦争を戦ってくれたから独立できたのです」(ノンチック)

定価:本体1,200円+税 本サイトでは1,100円(送料別)で購入できます。

『維新と興亜』創刊の辞(令和元年12月)

日本には「内なる維新」と「外なる興亜」が必要だ。それを訴えるためにわれらは『維新と興亜』を創刊する。
魂なき繁栄―。これこそが戦後日本の本質である。敗戦の屈辱と共に、日本人は自分たちが営々築いてきた文化文明の精華すらをも忘れ去った。いつしかそれは「もはや戦後ではない」と言われるようになり、爛熟した「魂なき繁栄」のみが残されることとなった。しかしそのような「魂なき繁栄」の時代は長続きせず、バブル崩壊を経て「失われた」時代に突入。「魂なき繁栄」は、その「繁栄」すらも危うくなっているのが現状である。もはや日本がカネによる求心力を持った時代は終わったのである。
いまこそ日本人が培った精神文化、魂の淵源に立ち返る時だ。先人は、この原点回帰の精神を「維新」と呼んだ。「維新」とは自国のみの繁栄を目指す単なる独善的変革のことではない。維新とはわが国の大義である尊皇を中心とした大道への覚醒である。そのうえで、自民族の利益のみに固執せず、世界がこぞって見習う国(万邦無比)の建設を目指す。
日本の覚醒は、世界の覚醒に繋がらなくてはならない。列強の植民地主義は功利主義とグローバリズムへと姿を変えて、いまだに世界をむしばんでいる。それへの対抗策は、アジア人が自ら培った古道(伝統思想)への覚醒にある。興亜の志とは単純なアジアの軍事経済的同盟関係を意味しない。功利を克服する文明史的転回こそ目指すべき道なのである。
維新は興亜に繋がり、興亜は興世界に繋がる。これこそが八紘為宇の精神である。この崇高なる民族的使命を胸に、天孫降臨以来のわが国の天職を全うすべく、経世済民の王道を混濁した現世に訴えていく。

道義国家日本を再建する言論誌(崎門学研究会・大アジア研究会合同編集)